育毛剤って本当に効果があるのか?

育毛剤とは、髪の毛の成長を促す成分を含む製品のことを指します。
育毛剤は、主に4つのタイプに分けられます。
1つ目は、男性ホルモンを抑制するタイプです。
テストステロンと言う男性ホルモンの増加が原因で起こる薄毛には、このタイプが有効です。
2つ目は、血行を促進するタイプです。
正常な発毛は、健康な頭皮から成ります。
健康な頭皮は、血液中から運ばれる栄養素によって作られます。
しかし、頭皮環境の悪化やストレス・運動不足や生活習慣の乱れ・不摂生な食生活による栄養不足などにより血行不良が起こると、十分な栄養が行き渡らなくなります。
すると、毛根の働きが弱まり、抜け毛や薄毛の原因となるのです。
そこで、毛細血管を拡張して血液循環を良くすることで栄養素が頭皮に届きやすくなります。
3つ目は、毛母細胞を活性化するタイプです。
このタイプは、比較的効果が早く見られます。
4つ目は、毛根に栄養を補給するタイプです。
発毛に必要な栄養を外から補うことで発毛を促します。
育毛剤とは様々なタイプがあるため、自分の症状に合った物を選ぶことが大切です。