光回線を選ぶなら価格やサービスでしっかりと比較しましょう。

悪質な光回線業者

ここのところ、光回線業者が高齢者の住む家を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力が低下した高齢者を丸め込んで契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが増えています。

そのような事態を鑑みて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光回線契約に関しクーリングオフ制度を2015年に導入する方針を明らかにしたのでした。

NTTの光通信回線であるフレッツ光は、大会社のNTTの回線だけあってエリアの広さや通信速度もハイクオリティなサービスを用意しています。

NTTとは違う企業も価格などで競り合っており、大幅な差がなくなってきていますが、シルバーの方たちからするとNTTが信頼できるという人がほとんどだと思います。

引っ越しが理由の場合や速度の問題などでインターネットの回線を変更する場合や新規の回線申し込みの際は、キャンペーン期間の間に申し込むと得します。

よく耳にするフレッツもキャンペーンを日常的にやっていますので、まめにチェックして確かめておくとよいと思います。

引っ越した際に、入居するアパート自体に、光回線に加入されていなかったため、申し込みののち工事をしなければなりませんでした。

工事のスタッフさんはとても清潔にしていて、説明も細に入っていて通信会社のイメージも上向きになりました。

カテゴリー: プロバイダ
悪質な光回線業者 はコメントを受け付けていません。


カテゴリー

▲Pagetop